ウィーン・フィル 音と響きの秘密

文春新書

中野 雄

2002年10月21日

文藝春秋

869円(税込)

エンタメ・ゲーム / 新書

一六〇年にわたる時代の試練を乗り越えて造り上げられたウィーン・フィルの黄金の響きーマーラー、フルトヴェングラーなど、幾多の指揮者たちとの“音の戦い”によって鍛えられたこの音色は、小沢征爾のウィーン国立歌劇場音楽監督就任によって、その歴史に新たな一頁が付け加えられようとしている。東と西の音楽の出会いは、どのような音と響きを生み出すのか。いまクラシック音楽の故郷の一つウィーンで、新たなドラマが始まろうとしている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

9

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください