日本人はなぜ株で損するのか?

5000億円ファンド・マネージャーの京大講義

文春新書

藤原 敬之

2011年12月16日

文藝春秋

825円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

日本株5000億円を運用してきた投資界のカリスマが長年培ってきた株投資術。金融分野だけでなく豊富な社会科学を駆使する独自のノウハウを惜しみなく伝授する。学生、投資家、ビジネスパーソン必読の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.67

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月14日

著書名から言えば、日本人は「今(の価値)」しか考えないから投資に向いていないとのことですが、投資をマネーゲームに限って言ってしまえばそうかもしれませんが、インフラや生産工場への投資は旺盛なので、ベクトルが違うだけかも知れないと思いました。しかしながら、著者の企業分析方法とそれに至った経験と学識、そして哲学のすごさ、最後に「学問は最高の道楽だ」と言われることには圧倒されました。

全部を表示

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月14日

著書名から言えば、日本人は「今(の価値)」しか考えないから投資に向いていないとのことですが、投資をマネーゲームに限って言ってしまえばそうかもしれませんが、インフラや生産工場への投資は旺盛なので、ベクトルが違うだけかも知れないと思いました。しかしながら、著者の企業分析方法とそれに至った経験と学識、そして哲学のすごさ、最後に「学問は最高の道楽だ」と言われることには圧倒されました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください