「原発事故報告書」の真実とウソ

文春新書

塩谷 喜雄

2013年2月20日

文藝春秋

825円(税込)

科学・技術 / 新書

津波がすべての原因なのか?福島第二は無事で、なぜ福島第一だけが事故を起こしたのか?4つも出されながら、真相究明よりも政治的見世物やメディア受けの様相を呈した事故調。真実とウソを見極めるべく徹底検証する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.25

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年10月25日

国会事故調、政府事故調報告、民間事故調、東電事故調を読み比べるとともに東電の体質を厳しく批判した書。最後の方では検察のあり方についても問題を提起している。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2019年05月24日

国会事故調、政府事故調報告、民間事故調、東電事故調を読み比べるとともに東電の体質を厳しく批判した書。最後の方では検察のあり方についても問題を提起している。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください