永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」

文春新書

早坂 隆

2015年6月19日

文藝春秋

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

昭和十年八月十二日午前、東京三宅坂の陸軍省で永田鉄山軍務局長が、相沢三郎中佐に斬殺された。軍内の長州閥打破、国家総動員体制の研究と、陸軍改革を指揮した「陸軍の至宝」は、なぜ事件に巻き込まれたのか。戦前昭和の大スキャンダルに迫る、力作評伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

3

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください