問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

文春新書

エマニュエル・トッド / 堀 茂樹

2016年9月21日

文藝春秋

913円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会 / 新書

英国EU離脱とトランプ旋風は、英米という発祥地でのグローバリズムの終焉と「国家」への回帰を意味する。家族構造の変遷が明らかにする「国家」の重要性。未来は歴史から見えてくる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.25

読みたい

16

未読

4

読書中

3

既読

309

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Ida Kazuya

久しぶりのトッドさん。

starstarstar
star
3.5 2018年04月18日

久しぶりにトッドさんを読みました。 「家族構造」で世の中の課題や事件を斬る、『哲学者』ではないトッドさん。 その科学者としての語りは非常に興味深く、楽しめました。 知的好奇心をくすぐられる一冊!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください