なんで家族を続けるの?

文春新書

内田 也哉子 / 中野 信子

2021年3月18日

文藝春秋

935円(税込)

小説・エッセイ / 新書

樹木希林と内田裕也の娘として生まれ、家族団欒を知らずに育った内田也哉子。自身は十九歳で結婚、三児の母として家族を最優先に生きてきた。一方、中野信子は巨大なブラックホールを抱えてきた。その原点は両親の不和の記憶だった。家族に苦しむすべての人に贈る、経験的家族論!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.66

読みたい

13

未読

0

読書中

0

既読

48

未指定

51

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください