西海道談綺 四

文春文庫

松本 清張

1990年11月10日

文藝春秋

900円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鬼蔦のかんざしの写しが入った書状が山伏一味から届いた。死んだはずの妻の所持品だ。お島が志津で助けたのは甚兵衛だと悟った恵之助は、敵の本拠地隠し金山に潜入したが、罠にかかって捕えられる。甚兵衛が説得した犬神宗族の統領と山伏秀観の妖気をはらむ呪術くらべ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください