鬼平犯科帳 七

文春文庫

池波 正太郎

2000年6月9日

文藝春秋

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「長谷川平蔵と自分とが、もう切っても切れぬ間柄になってしまったことに、私は気づかざるを得ない」(作者の言葉)。ますます円熟味をました筆先から次々と新しい鬼平像が描き出される…。「雨乞い庄右衛門」「隠居金七百両」「はさみ撃ち」「掻掘のおけい」「泥鰌の和助始末」「寒月六間堀」「盗賊婚礼」の七篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

0

未読

8

読書中

0

既読

17

未指定

39

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください