日暮れ竹河岸

文春文庫

藤沢 周平

2000年9月1日

文藝春秋

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸の十二カ月を鮮やかに切りとった十二の掌篇と広重の「名所江戸百景」を舞台とした七つの短篇。それぞれに作者秘愛の浮世絵から発想を得て、つむぎだされた短篇名品集である。市井のひとびとの、陰翳ゆたかな人生絵図を掌の小品に仕上げた極上品、全十九篇を収録。これが作者生前最後の作品集となった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar 2

読みたい

0

未読

4

読書中

2

既読

21

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください