又蔵の火

文春文庫

藤沢 周平

2006年4月7日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一族の面汚しとして死んだ放蕩者の兄のため、理不尽ともいえる仇討ちを甥に挑む又蔵。鮮烈かつ哀切極まる決闘場面の感動が語り継がれる表題作の他、島帰りの男と彼を慕う娘との束の間の幸せを描いた「割れた月」など「主人公たちは、いずれも暗い宿命のようなものに背中を押されて生き、あるいは死ぬ」と作者が語った初期の名品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

13

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください