黎明の世紀

大東亜会議とその主役たち

文春文庫

深田祐介

1994年11月30日

文藝春秋

523円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

戦時下の昭和18年秋、東京にタイ、ビルマ、インド、フィリピン、中国、満州国の六首脳が参集して大東亜会議が開かれた。「白人支配からの解放」を謳った、この史上初のアジア頂上会議の栄光と挫折、各首脳の民族独立に賭けた波瀾に満ちた戦いを新発掘し、戦後日本を覆った“東京裁判史観”の虚偽を正す画期的労作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください