ソウルと平壌(ピョンヤン)

文春文庫

萩原遼

1998年10月31日

文藝春秋

576円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

1972年5月、一人の若い「赤旗」記者が希望を胸に平壌に赴任した。しかし、彼がそこで見たのは「宣伝」とは全く違う「笑いのない社会」であった。1989年に発表された原著は、南北両朝鮮に一年以上常駐した世界で唯一人のジャーナリストの手記として話題を呼んだ。新たに書き下ろし100枚を加え、出色の朝鮮報告、堂々の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください