マリオネットの罠

文春文庫

赤川 次郎

2006年11月10日

文藝春秋

759円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“私の事を、父は「ガラスの人形」だと呼んでいた。脆い、脆い、透き通ったガラスの人形だと。その通りかもしれない”…森の館に幽閉された美少女と、大都会の空白に起こる連続殺人事件の関係は?錯綜する人間の欲望と、息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstar
star
3.92

読みたい

66

未読

21

読書中

1

既読

155

未指定

88

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください