隣りの女新装版

文春文庫

向田邦子

2010年11月10日

文藝春秋

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「一生に一度でいい、恋っての、してみたかったの」-平凡な主婦が飛び込んだNYへの恋の道行を描いた表題作、嫁き遅れた女の心の揺れを浮かび上がらせた「幸福」「胡桃の部屋」、異母兄弟の交流を綴った「下駄」、絶筆となった「春が来た」の五篇を収録。温かい眼差しで人間の哀歓を紡いだ短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

5

未読

2

読書中

1

既読

31

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください