田中ロッキードから自民党分裂まで 巨悪vs言論 下

文春文庫

立花 隆

2003年1月10日

文藝春秋

806円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

1992年12月に竹下派=経世会が分裂し、田中派以来の二重権力構造に終止符が打たれたー。下巻では田中型政治に至る保守政治の歴史的暗部に迫る。児玉誉士夫とハリー・カーン、田中以上の巨悪といわれた岸信介。さらにダグラス・グラマン疑惑、リクルート事件、佐川事件を経て金丸逮捕、自民党分裂に至るまでを徹底検証する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください