天皇と東大 2 激突する右翼と左翼

文春文庫

立花 隆

2012年12月4日

文藝春秋

775円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

明治は去り、日本は右傾化の道を歩みはじめる。大正デモクラシーの時代を経て、国家主義者が陸続と台頭する一方、勢いを増した共産党への弾圧も強まる。そして、昭和初頭、血盟団事件、五・一五事件を大きな契機に、国をあげて戦争体制に突入していくー。歴史の転回点で、東大が果たした役割を詳細に検証する、怒涛の第2巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.9

読みたい

1

未読

2

読書中

1

既読

8

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください