癌になって考えたこと

文春文庫

竹中文良

1998年11月30日

文藝春秋

492円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

「進行した大腸癌の手術を受けたのは丸九年前、五十五歳の夏だった」-日赤医療センター外科部長だった著者が、生還から9年にわたる自らのアフター・キャンサー期の折々に考えた生と死の問題、患者から学んだことや最近の癌医療現場の激変ぶりを綴った温もりのあるエッセイ25篇。名著『医者が癌にかかったとき』の続篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください