投げ銛千吉廻船帖

文春文庫

白石一郎

1997年8月31日

文藝春秋

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

千吉は北前船の船頭だったが、弟をはじめ乗組員を海難事故で失ない、深川の長屋でひっそりと暮らしていた。その千吉が再び傭われ船頭として海に戻って来た。様々な事件に遭遇するが、長さ八寸幅一寸の投げ銛を武器に次々と事件を解決する。江戸の下町と海の世界を描く連作長篇。「江戸芝居」は初収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください