死語読本(とくほん)

文春文庫

塩田丸男

1998年6月30日

文藝春秋

513円(税込)

語学・学習参考書 / 文庫

「不良」「便所の火事」「団地族」「三角ベース」「夜汽車」等々、消滅した多くの言葉。平安朝以来、江戸中期まで日本語に著しい変化は見られなかった。しかし十九世紀半ば以降は驚くばかりの様変わりとなる。今日そのスピードはさらに増している。これら失われた言葉の背景を探ることにより日本の社会構造、世相の変化を読み解く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください