昭和史の軍人たち

文春文庫

秦郁彦

1987年8月31日

文藝春秋

598円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

硝煙の臭いや銃剣のきらめきは本書にはない。その意図は、作戦の巧拙とか失敗の研究にあるのではなく、あくまでも人間を通して昭和史を語ることにあり、日本人を考えることにある。これからの人間が歴史をとおして学ばねばならぬ、知らねばならぬより多くの事実が、丹念に、手際よくつめこまれている。昭和の陸海軍将星百余名のWHO’S WHO。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください