漱石先生ぞな、もし

文春文庫

半藤 一利

1996年3月8日

文藝春秋

616円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

動乱の昭和の原点は、明治の中でも日露戦争以後十年の時代に求められる。その歴史の転換点を小説家として生きたのが夏目漱石であった。漱石の義理の孫にあたる歴史研究家の著者が、知られざるエピソードを発掘しながら、文豪の生きた時代と、文明批評家としての彼の側面を、ユーモラスな語り口で綴った新田次郎文学賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2020年08月17日

読みやすい。言葉の使い方を意識しながら、もう一度、漱石を読み直そう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください