大正十年・裕仁皇太子拉致暗殺計画 冬のアゼリア

文春文庫

西木 正明

2005年8月3日

文藝春秋

911円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「われわれは香港で裕仁を拉致し、獄中で呻吟している同志たちを奪還する。」朝鮮の武力独立を目指す金元鳳率いる義烈団。彼らは大正十年、外遊途上の香港にて裕仁皇太子を誘拐する計画を立てる。日本側警備陣との息詰まる攻防ー。成功すれば確実に以後の世界史が変わったであろう歴史の暗部を掘り起こした力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください