女と男の肩書 下

文春文庫

藤堂 志津子

1994年4月9日

文藝春秋

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慶子には、もうひとつ悩みがあった。会社側が、慶子を管理職へ登用するかわりに、女性行員の動向をスパイするようにもちかけてきたのだ。受けるか、受けざるか。四季の移り変わりとともにくり広げられる人間模様に、新たな男性が登場した。慶子の高校時代の同級生の加藤だ。その再会はなごむものだった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください