心のこり

文春文庫

藤堂 志津子

2005年2月10日

文藝春秋

429円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

心はいらない、体だけ借りたい。胸の内で呟きながら、十一歳年下の美しい男と情事を交わす、四十六歳の澄礼。相手の中に過去の自分の姿を見たとき、思いは別れの形へと向かう。ひとかけらも、心のこりがあってはいけないー。誰の胸にもある、やり残した過去への複雑な感情。現代女性の心模様と癒しを繊細に描いた中篇三作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください