南の島のティオ

文春文庫

池澤 夏樹

1996年8月6日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

受け取る人が必ず訪ねてくるという不思議な絵ハガキを作る「絵ハガキ屋さん」、花火で「空いっぱいの大きな絵」を描いた黒い鞄の男などの個性的な人々とティオとの出会いを通して、つつましさのなかに精神的な豊かさに溢れた島の暮らしを爽やかに、かつ鮮やかに描き出す連作短篇集。第41回小学館文学賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.9

読みたい

7

未読

2

読書中

1

既読

21

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください