蛇を踏む

文春文庫

川上弘美

1999年8月5日

文藝春秋

473円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。“消える家族”と“縮む家族”の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。ほか「惜夜記」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.22

読みたい

10

未読

13

読書中

6

既読

65

未指定

65

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

RinRin

これって

starstarstarstar
star
4.3 2019年02月08日

芥川賞取ったんだ。知らなかった。 面白いよね、これ

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください