桜花を見た

文春文庫

宇江佐 真理

2007年6月8日

文藝春秋

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本橋「いせ辰」の手代・英助には誰にも言えない秘密があった。母が死に際に遺した「お前のお父っつぁまは北町奉行の遠山様なのだよ」という言葉である。表題作ほか、北齋の娘・お栄の胸の内(「酔いもせず」)、松前の応挙と呼ばれた蛎崎波響の選んだ道(「夷酋列像」)など、実在の人物に材をとった時代中篇小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.55

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

22

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年03月07日

Aria1307

(無題)

-- 2018年10月13日

Pa: ★★★ Ma: ★★★半

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください