河岸の夕映え 神田堀八つ下がり

文春文庫

宇江佐 真理

2011年7月8日

文藝春秋

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

神田須田町の大店を焼け出され、浅草御厩河岸に越してきた十七のおちえ。失意の日々の折々に大川を眺めるのは、水の流れがやる瀬ない気持ちをなだめてくれる気がするから…。情緒豊かな水端を舞台に、たゆたう人々の心模様を描いた宇江佐流人情譚。大好評の前作『おちゃっぴい』の後日談も交えて、しっとりと読ませます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.78

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

15

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください