姫椿

文春文庫

浅田次郎

2003年9月2日

文藝春秋

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

飼い猫が死んでしまったOL、経営に行き詰まり、死に場所を探す社長、三十年前に別れた恋人への絶ち難い思いを心に秘めた男、妻に先立たれ、思い出の競馬場に通う大学助教授…。凍てついた心を抱えながら日々を暮す人々に、冬の日溜りにも似た微かなぬくもりが、舞い降りる。魂を揺さぶる全八篇の短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.66

読みたい

1

未読

15

読書中

4

既読

71

未指定

85

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

たけお

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年02月24日

読みやすい。 あ、そういう結末!って驚かされる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください