北朝鮮の子供たち

脱北少年が見た“楽園”の真実

文春文庫

カンヒョク / 桧垣嗣子

2005年11月30日

文藝春秋

649円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

飢えがまんえんし、教室に来る生徒が減っていく。生徒の食べ物を奪う先生ーその中からも餓死者が出る。社会主義と金正日体制を信じていた少年もついに家族とともに中国へ脱出、カンボジアを経て韓国にたどり着く。しかしそこも安住の地ではなかった。北朝鮮社会のゆがみを若い肉体に刻まれた少年の痛切な証言。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください