口笛吹いて

文春文庫

重松 清

2004年3月10日

文藝春秋

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

偶然再会した少年の頃のヒーローは、その後、負けつづけの人生を歩んでいた。もう一度、口笛の吹き方を教えてくれたあの頃のように胸を張って笑って欲しいー。家庭に職場に重荷を抱え、もう若くない日々を必死に生きる人々を描く五篇を収録。さり気ない日常の中に人生の苦さをにじませる著者会心の作品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.35

読みたい

1

未読

7

読書中

0

既読

50

未指定

39

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年07月28日

「本当にそうだ。重松さんの作品の登場人物は誰も悪くない。みんな普通の人で、それぞれが問題を抱えている。 そして問題は解決しない。問題を抱えて生きて来て、新たな問題に直面し、なんとか乗り越えるも、また新たな問題に向かって生きてゆく。 夢と現実。そううまくはいかない人生。 それらを肯定する優しさが重松作品には詰まっている」 嘉門達夫は「口笛吹いて」(重松清、文春文庫)のあとがきでこう書いている。 ぼくは、この「そして問題は解決しない」というくだりが好きだ。 念のために言っておくと、「解決しない」ことが好きだと言っている訳ではない。そうではなく、「問題は解決しない」そのことを認めている、その潔さが好きなのだ。 「問題は必ず解決する」そう信じて生き抜くのは見上げた根性かも知れないが、現実を見据えているとは言えないし、したがってどこか夢にしがみついている点において潔くない。 それはユートピア思想に他ならない。問題が必ず解決すると言うなら、いつかどこかに問題というもののまったくない世界が存在することになるからだ。 彼らは気づいていない。ぼくたちは問題があるから、そこに生きがいを見いだすのだということに。 だから問題のない世界は、実はユートピアではないのだということに。 それは、少なくない数の知識人が楽園と信じた共産主義社会が実際には楽園などではなかったことと、まったく同じことだ。 しかし幸いなことに、この世から問題がなくなることはなく、だからぼくたちは今日もどこかに生きがいを見いだせるのだ。 http://book1216.blogspot.jp/2006/07/blog-post_22.html

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください