送り火

文春文庫

重松 清

2007年1月10日

文藝春秋

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「昔の親は、家族の幸せを思うとき、何故か自分自身は勘定に入ってなかったんだよねえ…」。女手ひとつで娘を育てた母は言う。そんな母の苦労を知りつつ反発する娘が、かつて家族で行った遊園地で若かりし日の両親に出会う。大切なひとを思い、懸命に生きる人びとのありふれた風景。「親子」「夫婦」のせつない日常を描いた傑作短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstar
star
2.94

読みたい

3

未読

6

読書中

0

既読

78

未指定

77

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

重松清「送り火」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください