モノレールねこ

文春文庫

加納朋子

2009年6月10日

文藝春秋

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小学生のぼくは、ねこの首輪に挟んだ手紙で「タカキ」と文通をする。ある日、ねこが車に轢かれて死に、タカキとの交流は途絶えたが…。表題作の「モノレールねこ」ほか、ザリガニの俺が、家族を見守る「バルタン最期の日」など、夫婦、親子、職場の同僚など、日常にさりげなく現われる、大切な人との絆を描いた8編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.02

読みたい

3

未読

11

読書中

0

既読

32

未指定

47

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

加納朋子「モノレールねこ」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください