火の路 上

文春文庫

松本 清張

2009年7月10日

文藝春秋

946円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新進の考古学者・高須通子は、石造物の調査のために訪れた奈良で、殺傷事件に巻きこまれた海津信六を助ける。海津は、かつてT大史学科に籍をおく気鋭の研究者だったが、ある事情で学界を追放された過去があった。通子は、酒船石の用途を研究するうちに海津の示唆を受け、ペルシア文明との関連を調査するためイランへと旅立つ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください