旗師・冬狐堂 瑠璃の契り

文春文庫

北森 鴻

2008年1月10日

文藝春秋

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

魑魅魍魎が住まう骨董業界を生き抜く孤高の美人旗師・冬狐堂こと宇佐見陶子。目利きの命である眼を患った彼女を食い物にしようと、同業者がわけありの品を持ち込む。それは、不思議と何度も返品されてくる和人形だったー「倣雛心中」。他、表題作を含め全四篇を収録した古美術ミステリーの人気シリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年01月28日

北森鴻「瑠璃の契り」読了。 旗師・冬孤堂シリーズ。シリーズ4冊目のようだが、古書で見つけてきた関係で、3冊目を読まずに4冊目を読んでしまった。1、2冊目はかなりのボリュームがある長編だったが、これは短編集。4編が含まれているが、4編をあわせても、1、2冊目の半分の厚さしかない。しかし、個人的にはこの短編集がとても面白かった。力の入った長編も面白かったが、やはりこの作者は短編がうまいなあ、と思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください