架空の球を追う

文春文庫

森絵都

2011年8月4日

文藝春秋

460円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

何気ない言葉に傷ついたり、理想と現実のギャップに嫌気がさしたり、いきなり頭をもたげてくる過剰な自意識にとまどったり…。生きているかぎり面倒は起こるのだけれど、それも案外わるくないと思える瞬間がある。ふとした光景から“静かな苦笑いのひととき”を抽出した、読むとちょっと元気になる小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.25

読みたい

4

未読

5

読書中

1

既読

43

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください