荒野 12歳 ぼくの小さな黒猫ちゃん

文春文庫

桜庭 一樹

2011年1月7日

文藝春秋

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鎌倉で小説家の父と暮らす山野内荒野は、中学入学の日、通学中の電車で見知らぬ少年に窮地を救われる。だが、それは彼女の身に起こる小さくて大きな変化の始まりでしかなかったー。“恋”とは、“好き”とは?うつろいゆく季節のなかで、少しずつ大人になっていく少女の四年間を描くビルドゥングスロマン。全三巻の第一巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

1

既読

16

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください