時が滲む朝

文春文庫

楊 逸

2011年2月10日

文藝春秋

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

中国の小さな村に生まれた梁浩遠と謝志強。大志を抱いて大学に進学した2人を天安門事件が待ち受けるー。“我愛中国”を合言葉に中国の民主化を志す学生たちの苦悩と挫折の日々。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった、芥川賞受賞作の白眉。日本語を母語としない作家として初めて芥川賞を受賞した著者の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.65

読みたい

8

未読

1

読書中

0

既読

16

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください