秋山久蔵御用控 花始末

文春文庫

藤井 邦夫

2013年1月4日

文藝春秋

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

定町廻り同心が首筋を切り裂かれて殺された。人通りの多い往来でのその早業は人殺しを生業にしている者の仕業と思われ、南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵は、「始末屋」が絡んでいると睨む。久蔵は探索を進めるが、逆に始末屋に手先の一人を殺されてしまう。久蔵と始末屋の闘いは激しさを増すがー。好評シリーズ新装版第8弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください