秋山久蔵御用控 垂込み

文春文庫

藤井 邦夫

2013年8月6日

文藝春秋

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“隠居の彦八”と呼ばれる元盗賊が江戸に舞い戻ったという。処刑された頭・木更津の酉蔵の一周忌の法要を行う目的らしい。一方、酉蔵の娘の周囲では、蝮の藤兵衛の一味が様子を探っていた。盗賊同士、どんなかかわりがあるのか。南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵は、手下とともに盗賊どもを追い詰める。大好評シリーズ第18弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください