樽屋三四郎言上帳 夢が疾る

文春文庫

井川 香四郎

2013年3月8日

文藝春秋

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

落語家の夫に絶望して長屋を飛び出した女房の前に、役者のように様子のいい男が現れて…一組の夫婦の仲を元の鞘に戻そうと心を砕く三四郎には信念があった。「目の前のひとりを救うことから社会は良くなるー」智恵と情熱と権力を持つ若き町年寄が、影の情報集団・百眼とともに江戸の事件を未然に防ぐ。人気シリーズ第九弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください