オリーブ

文春文庫

吉永 南央

2012年2月10日

文藝春秋

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

オリーブの木を買ってきた翌日、突然、消えた妻。跡を辿ろうとする夫は、2人の婚姻届すら提出されていなかった事実を知る。彼女は一体何者だったのか?そして、彼女の目的とは?表題作の「オリーブ」をはじめ、「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの著者による、「大人の嘘」をモチーフにしたサスペンス作品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.8

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

12

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2019年08月11日

短編5作品。 どれも大人の読み物という印象。読後にしみじみとしたものが流れる感じ。短編の良さが特に感じられた粒そろい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください