粘膜黙示録

文春文庫

飴村 行

2016年2月10日

文藝春秋

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『粘膜人間』で華々しいデビューを遂げたホラー作家、飴村行。しかしそこに至るまでは、聞くものみなをドン引きさせるほどの苦難があった。漫画家を目指し決死の覚悟で歯科大学を中退するも、あっという間に挫折。癖のありすぎる人々に囲まれ、最悪の環境で働いた派遣工時代を、逆恨み精神満載でつづる現代版『蟹工船』。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

14

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

飴村行「粘膜黙示録」

--
0
2019年12月04日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください