春雷道中 酔いどれ小籐次(九)決定版

文春文庫

佐伯 泰英

2017年1月6日

文藝春秋

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ほの明かり久慈行灯の製作指南と、手代の浩介の婿入りが決まったことを報告するため、小籐次は久慈屋の面々と水戸に向け旅立った。だが密かに主の座を狙っていた古参の番頭・泉蔵が激しく反発し、一行を襲おうと画策する。一方、金座に押し込んだ賊が水戸街道に逃げ込んだという。たび重なる危難に小籐次はどう立ち向かうのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

18

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください