大晦り 新・酔いどれ小籐次(七)

文春文庫

佐伯 泰英

2017年2月10日

文藝春秋

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

落馬で腰を痛め、息子との立ち合いでは不覚を取る。老いを痛感する小籐次だが、熱海での湯治を経て復調、その剣は一段と深みを増した。そんな中起きた年末の火事騒ぎ。二人の遺体と消えた娘。老中の密偵、おしんに乞われ娘探索に加わった小籐次を、八代吉宗にまで遡る怨念と暗闘が待ち構えていた。緊迫の書き下ろし第7弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.23

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

40

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください