テロと陰謀の昭和史

文春文庫

文藝春秋

2017年10月6日

文藝春秋

803円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

満州事変、血盟団事件、五・一五事件、二・二六事件…昭和初年から日本を震撼させ、結果として軍部の台頭と日米開戦を招いたテロや陰謀の当事者たちが文藝春秋に寄せた肉声を集成。彼らは何を目指し、どう行動したのか。現代に通じる教訓は何か。国際情勢が緊迫する現在、読まれるべきもう一つの昭和史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

5

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください