壁の男

文春文庫

貫井 徳郎

2019年11月7日

文藝春秋

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北関東に、家々の壁に原色で描かれた稚拙で奇妙な絵で話題となり注目を集める小さな町があった。描いているのはすべて、ひとりの男だという。ライターの「私」はその男・伊苅にインタビューを試みるも寡黙でほとんど語らない。周囲に取材を重ねるうちに、絵に隠された真実と男の孤独な半生が明らかにー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.11

読みたい

11

未読

6

読書中

0

既読

35

未指定

20

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ちょびくん

書店員@

なんと呼べば良いのか

starstarstarstar
star
4.5
0
2020年01月28日

みんなのレビュー (1)

粟田 淳

構成が素晴らしい

starstarstarstar
star
4.1 2020年12月10日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください