盗みに追いつく泥棒なし

ユ-モア・ピカレスク

Tokuma novels

赤川次郎

1987年3月31日

徳間書店

748円(税込)

小説・エッセイ / 新書

名泥棒の今野淳一と妻の警視庁捜査一課の名刑事、真弓がソファでくつろいでいるところへ、「事件です!」と部下の道田が飛び込んできた。パトカーで駆けつけた真弓は現場に行って驚いた。そこはプレハブ住宅の耐久性を調べる実験室で、殺されていたのは、朝の連続TVドラマで人気の新進俳優、内沢洋介である。その場にいたのは被害者の妻の圭子と友人の大山の二人だけ。翌日、TVで葬儀の模様を見ていた淳一は、未亡人の圭子が、3年前、本職中に仲良くなった大金持の松永に頼まれた、行方不明の孫だと気がついて…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください