タロット日美子の魔法教団(マジック・スク-ル)

長篇本格推理

Tokuma novels

斎藤栄

1988年6月1日

徳間書店

748円(税込)

小説・エッセイ / 新書

魔女になる。-女子大生・麻裕美は書き置きを残して家出した。後見人・秋山涼子の依頼で、二階堂日美子は彼女の行方をタロットカードで占った。〈世界〉のカードの意味は、東・冒険旅行・合格・恋愛の成功。行先は、岩手魔法教団。しかし、電話の照会では、そんな娘はいないという。それに、「恋愛の成功」とは…?日美子は、岩手へ旅立った。雪深い山中にある、社会から隔離された魔女の館。麻裕美を捜すうちに、教団職員が次々と殺された。犯人を示す謎の暗号。警察の手の届かない魔法教団の謎に、日美子が迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください