長崎殺人物語

女検視官・江夏冬子

Tokuma novels

山村美紗

1991年9月1日

徳間書店

779円(税込)

小説・エッセイ / 新書

おくんち祭りに酔う長崎で、京都府警の検視官・江夏冬子は殺人事件に出くわした。久しぶりに休暇がとれ、地元でアナウンサーとなった旧友・西山百合子を訪ねたのだ。被害者大宮英子は、百合子の不倫相手である京都の大学教授・大宮総一郎の妻と判明。しかも英子の手に残された紙片には、百合子の自宅の電話番号らしき数字が記されていた!が、百合子にはアリバイがあり、冬子は胸をなでおろした。それも束の間、今度は京都で第二の殺人が…。被害者は、大宮教授のもう一人の愛人だったのだ。長篇本格推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください